FC2ブログ

加藤紀子 de beaux

発売日:1994-03-10
曲目 |
1.今度私どこか連れていって下さいよ
2.この道を歩いてく
3.ヒストリー・ブック
4.メロディ
5.いつの日か
6.DOーして
7.ちょっと言わせて!
8.引き裂かないで二人を
9.思いきり泣いていい
10.ねぇ? だから おねがい…
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

1曲目の「今度私どこか連れていって下さいよ」は、森高千里のカバーです。 
森高千里の「今度私どこか連れていって下さいよ」は、森高千里のアルバム「非実力派宣言」に収録されてます。
スポンサーサイト



[ 2014/08/09 20:56 ] 映画 | TB(0) | CM(1)

ココニイルコト [DVD]

長澤雅彦
発売日:2002-01-25
レビュー 広告代理店勤務のコピーライター志乃(真中瞳)は、ある上司の夫人から手切れ金を渡され、大阪支社へ飛ばされることになった。幼いころの日々から培った諦念でそれを黙って受け入れ、大阪へ赴いた彼女は、そこで入社してきてまもない楽天家社員の前野(境雅人)と知り合うが……。 最相葉月が記した1200字足らずのエッセイをもとに、これが映画監督デビューとなった長澤雅彦が描く透明感あふれるラブストーリー。傷つくことを恐れながら育ってきた女と、傷を見せないように生きる男。どちらも現代の青春像を反映させたリアルなものだが、それを意気込まずに等身大のナチュラルな姿勢で描ききったことが成功の秘訣だろう。真中瞳は本作でキネマ旬報新人女優賞を受賞。(的田也寸志)
ラブストーリー?
といっていいのか。。癒し?再生?みたいなモノとも言えるかな?まぁカテゴリーは気にしないでええんとちゃいまっか?全編通して、この『ええんとちゃいまっか?』が大きな意味を持つ。それも、色々な意味で。もちろん、どうでもいいからって意味のもあるけど、一つ一つの持つ意味を考えると複雑ですね。意味深のもあります。重くなりそうなストーリーだけど、柔らかい雰囲気もあって、いい意味で観やすい。黒坂真美の、前野妹を前にした時の反応や、秋葉が壊れかけて掲示板に、『気分転換心配御無用』と書く時のニンマリするシーンが楽しかった。雪景色のシーンはちょっと幻想的な雰囲気もあって、映像的にも楽しめる。あと、DVDにはサントラも数曲入っていて、余韻に浸れてよかったですよ☆
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

スガシカオさんの「ココニイルコト」がテーマソングとして使われてます。
映画のタイトルはこの曲名から採られたそうです。
スガシカオの「ココニイルコト」は、スガシカオのアルバム「Sugarless」に収録されてます。
[ 2010/01/03 23:49 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ
ブログランキング
FC2カウンター