FC2ブログ

中島みゆき 時代-Time goes around-

中島みゆき
発売日:1993-10-21
曲目 |
1.時代
2.風の姿
3.ローリング
4.あどけない話
5.夢みる勇気
6.あたし時々おもうの
7.流浪の詩
8.雨月の使者
9.慟哭
10.孤独の肖像1st.
11.かもめの歌
セルフカバーやリメイクが中心だけど聞き応えのある1枚
「時代」は1stアルバムの時の素朴なフォーク調と比べて迫力がある。「風の姿」は自分を偽ってしまう悲しい女性の心理を描いた中江有里への提供曲。「ローリング」はセルフカバー,原曲より男性的。「あどけない話」は吉田日出子,「夢見る勇気」は幸村いずみへの提供曲。「あたし時々おもうの」はデビュー前,20歳前後に出来た曲だそうだがとてもそうは思えない深い歌。命の重さを問う歌詞は名曲「永久欠番」を彷彿させた。「流浪の歌」こちらもリメイク,原曲よりさらに明るくなった。「雨月の使者」は子供の頃の怖い記憶を思い出しているようなシニカルな印象。「慟哭」はいわずと知れた工藤静香への提供曲,でも全く曲調が違って楽しい。「孤独の肖像1st」はシングルと全く違う旋律がつけられ,リメイクというより新作に近い?一番お勧め。「かもめの歌」はパトリシア・カースへの提供曲。
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

9曲目の「慟哭」は、工藤静香に提供した曲です。
工藤静香の「慟哭」は、工藤静香のアルバム「Shizuka Kudo 20th Anniversary the Best」に収録されてます。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/03/31 22:01 ] 中島みゆき | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
ブログランキング
FC2カウンター